So-net無料ブログ作成
検索選択

離脱 [日記・雑感]

震災が発生してから、テレビラジオなどでは、ずっと震災での被害状況や
原発の危険な状態などの情報が流され、私もそれをずっと見たり聞いたりしてきました。

街中は計画停電のため、薄暗く活気もない状態。
家ではときどき停電になり、暗い中で過ごすことも。

そんな状態が続いたせいか、精神的に不安定になってきてしまいました。
なんだか重苦しい感じがして、たまらないのです。

これ以上は震災や原発関係のニュースは見ないようにしよう、とは思うのですが、
原発の影響がどうなっているか、知らないのも怖いのです。
難しいですね。
それでも、精神的にバランスを崩すのは困るので、一時的に震災や原発関連の
ニュースや話題からは離脱することにしました。

現実逃避してしまえ!!
ということで、久しぶりにのんびりワインを飲んでます。

こんなことを書いていたら、姉が「ギャング子供がいるかも!」と。
そう、我が家には「ギャング」と名づけられた、生き物がいます。
その「ギャング」については、次回にでも。

とりあえず、今はのんびり現実逃避しよう。
そして、ゆっくり眠ろう。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

震災から2週間

2011年3月11日、金曜日
東北を中心にすさまじい地震と大津波。
壊滅的な被害を受けた。
大津波にのまれた町は、町があったことさえわからないくらい、何もかも波に流されていた。

その地震のとき、関東でも震度5の地震だった。
私は生まれてからずっと横浜に住んでいるけれど、
震度5の地震は初体験だった。

最初は、大津波でのひどい被害の映像がたくさんTVで流された。
その映像は、本当にこれが現実だというのが信じられないくらいに衝撃的だった。

そして大震災から2週間経った。
最近、インターネットニュースなどで「避難所で餓死」、「避難所で衰弱死」という記事を見たりする。

地震での影響があまりに広範囲なため、支援物資が行き届かないのか。
避難所がどこにあるのか、全て把握しきれていないのか。
せっかく助かった命が、避難した先で亡くなってしまうのは、なんともやりきれない現実だと思った。

そして、原発事故の影響で屋内退避になっている地区。
ここにも支援物資が行き届いていないらしいという記事を読んだ。
皆、放射能が怖くて支援物資を届けに行かないようなのだ。
でも、屋内退避をさせた人たちを、きちんと支援するのは政府の仕事のはず。
屋内退避させたまま、見捨てないで欲しい。

助かった命をちゃんと救って欲しい。
人災で人命を失わないようにして欲しい。
どうか一人でも多くの命が救われますように。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。