So-net無料ブログ作成

不思議な夢 [日記・雑感]

夏にちょっと涼しくなる話しでも書こうかと思っていたけど、気が付いたら8月も終わり。
夏の暑さはまだ少しあるとはいえ、9月ですね。

ということで、どうしても忘れられない不思議な夢の話をひとつ。

ある日の夢の話でございます。

気がつくと、一面灰色っぽい場所にいました。
それはそれは静かなところで、周りにはこれといって建物も何もありません。
少し先を見ていたら、なにやら人の列がありました。
皆、とても静かに並んでいます。
何かと思いつつも、私もその列へ並んでみることにしました。

並んでいる人の顔色はあまりよくなくて、うつむいている人も多くいました。
少しずつ列が進んでいくにつれ、その列が何の列かがわかりました。
それは川を渡る舟に乗るための順番待ちの列だったのです。
舟と言っても客船のような舟ではなく、昔ながらの船頭さんがいるような舟です。
係りの人に案内され、順番に乗っていっていました。

そして私の番に。
案内されるままに、舟に乗っていきました。
ちょうど舟の一番後ろの方、白髪交じりのおじいさんの右隣に座りました。
そしてスーッと舟が岸から離れ川を渡り始めました。

少し舟が行った所で、隣の白髪交じりのおじいさんが突然私に話しかけました。
「おい、おねえさんはまだだろ?早く降りないと。早く!今ならまだ間に合うから。岸に飛び移ればいい。早く!」
そう急かされて、何がなにやらわからないまま、言われた通りに急いでポーンと、もと居た岸へ飛び移りました。
振り返って見ると、舟はどんどん向こう岸に渡っていっていました。
おじいさんに言われたタイミングで降りていなかったら、降りられなかったなー、と思いつつ舟を見送りました。
向こう岸はきれいに黄色く光っていて、何があるかぜんぜん見えません。
その光の中に舟は消えていきました。

舟を降りるように言われ、向こう岸へ行くこともできなくなったので、とりあえず、また一面灰色の場所を、あの舟乗り場の列と反対方向へ歩きだしました。

そこでハッと目が覚めたのです。


なんだかすごく不思議な夢で、家族に話しをしたら、
「それって、三途の川だったんじゃないの?」と冗談交じりに言われました。
でも、なんかそんな景色といえばそうだったかも、と思えてしまうのです。

今でも、この夢はとても強く印象に残っていて、忘れることができません。
ときどき思い出してしまう夢です。
みなさんにも、とても印象に残っていて忘れられない夢はあるでしょうか?
タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。